USBメモリーからLinux Mintをインストール

ソース: Linux Mint logo

目次

重要:インストーラをUSBメモリーに書き込むことでデータが失ってしまうため, 始める前に,USBメモリーに何も保存されていないか, あるいは失われてもよいコンテンツしか保存されていないことを 必ず確認しておく。 また,PCに空のドライブを一つ準備しておく。 Cドライブでもよいが,中に重要なデータは何も入っていないことを事前に確認する。

Linux MintをインストールするためのUSBメモリーを用意する

用意するのはUSBメモリーと書いているが, USBメモリーがなかったらUSBのHDDやSSDなどでも良い。 後で用意されたUSBデバイスにインストーラを書き込むので, バックアップをちゃんと取っておいたほうが良いかも。

  • Windowsを使っている場合は,ここをクリックしてUbuntuのオフィシャルマニュアルを参照できる。

以上のマニュアルはUbuntuをインストールする目的だが, Linux Mintをインストールするのも大体同じ。 一つだけ異なるのは,ISOイメージを選択するところ。 ここで,UbuntuのISOイメージではなく,Linux MintのISOイメージを指定すれば良い。
  • Linux Mintのインストーラを作成するのに使うツールがRufusというソフトウェアで, ここをクリックすることでRufusのオフィシャルサイトが開ける。 あるいはここをクリックすることで直接Rufusをダウンロードできる。

Linux MintのISOファイル

Linux MintのISOイメージについては,以下の場所からダウンロードできる。 ここをクリックすることでLinux Mintのオフィシャルサイトを開く。 また,ここをクリックすることで直接Linux Mint 19.1のバージョンをダウンロードできる。

このページを編集

Xin Li
Xin Li
講師

機械学習及び深層学習の応用に関する研究に従事し,不均一・偏りのあるデータに対するサンプリング手法および学習アルゴリズムに注目している。詳細はこちら

comments powered by Disqus
次へ
前へ

関連項目