絶対音感について

ソース: Music note clipart

音階と音の周波数

次の表に,ピアノの鍵盤にある88のキーが響く音の周波数を示している。

キーの番号周波数(Hz)階名(C長調の場合)音名
127.500A0(イ)
37220.000A3(イ)
38233.082A#3
39246.942B3(ロ)
40261.626C4(ハ)
41277.183C#4
42293.665D4(ニ)
43311.127D#4
44329.628E4(ホ)
45349.228ファF4(ヘ)
46369.994F#4
47391.995G4(ト)
48415.305G#4
49440.000A4(イ)
50466.164A#4
51493.883B4(ロ)
52523.251C5(ハ)
884186.009C8(ハ)

音の周波数を等比数列 $a_0, a_1, a_2 \dots a_{12}$ として, 公比を $r$ とすると,以下の関係がある。

$$a_{12} = a_{0} \times r^{12} = a_0 \times 2$$

また,1オクターブの二つの音の周波数が2倍の関係なので, 以下の式によって公比\(r\)がわかるようになる。

$$r^{12} = 2 \Rightarrow r = \sqrt[12]{2} \approx 1.059463094$$

従って,任意の音に対して, $n$ 個半音上の音を計算する方法は以下の式に示す。

$$a_n = a_0 \times r^n = a_0 \times 2^{\frac{n}{12}}$$

絶対音感・相対音感の違い

絶対音感を持っている人が, 任意の一つの音を聞いて,周波数の具体的な数値がわからなくても, C長調から見る階名,あるいは音名がわかる。

一方,相対音感においては,基準音,つまり $a_0$ が必要である。 音名が固定なもので,階名が調によって変化するものなので, 任意の調の音階にある音 $a_0$ を脳に一時的記憶させると, 一時的に記憶された $a_0$ と比べて,耳に新たに収集された音 $a_n$ を脳で分析し, 音が音階のどこにあるかは分かるようになる。

5歳までに絶対音感を訓練しないと身に付けられなくなる説

5歳というしきい値に個人差があるかもしれないが, このしきい値の精確さはともかく,個人的にこの観点に賛成。 なぜかというと,言語の習得に似た視点から分析してみる。

  1. 言語に関する時間的な概念

  2. 言語の意味について

  3. 言語の発音について

「追記待ち」

Xin Li
Xin Li
讲师

主要研究方向为机器学习、深度学习与人工智能在各个领域的应用,特长为针对非均匀数据及偏移数据的优先采样及学习算法。了解更多

下一页
上一页